1238円 ポータブル誘導クックトップ、教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能 ホビー プラモデル・模型 ホビー用工具・塗装・材料 ポータブル誘導クックトップ、教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能,aamerhabib.com,/galvanography1533139.html,1238円,ホビー , プラモデル・模型 , ホビー用工具・塗装・材料 ポータブル誘導クックトップ 教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能 お気に入り ポータブル誘導クックトップ 教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能 お気に入り ポータブル誘導クックトップ、教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能,aamerhabib.com,/galvanography1533139.html,1238円,ホビー , プラモデル・模型 , ホビー用工具・塗装・材料 1238円 ポータブル誘導クックトップ、教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能 ホビー プラモデル・模型 ホビー用工具・塗装・材料

初回限定 ポータブル誘導クックトップ 教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能 お気に入り

ポータブル誘導クックトップ、教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能

1238円

ポータブル誘導クックトップ、教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能

商品の説明

機能:
1。この製品は、主に一次コイル、二次コイル、軟鉄コアの3つの部分で構成されています。
2。主に中学校の物理学で電磁誘導を実証し、レンツの法則を検証するために使用されます。
3。十分に敏感で、それは不可欠な実験装置と教育機器です。
4。厳選された高品質の金属素材でできており、頑丈で耐久性があり、耐摩耗性があります。
5。物理的な電磁誘導コイルキット、安定した性能と使いやすさ。


仕様:


アイテムタイプ:一次二次コイルセット
材質:金属
モデル:24010
一次コイル:200回転
内径:約11mm / 0.43in
外径:約15mm / 0.59in
二次コイル:370回転
内径:約24mm / 0.94in
外径:約30mm / 1.18in





パッケージリスト: 1xプライマリコイル
1xセカンダリコイル
1xアイアンコアスティック


注:

ポータブル誘導クックトップ、教育用実験用の高感度コイル二次コイル安定性能

中日新聞「医人伝」 
1973年3月31日発行
名古屋タイムズ 「よろず対談」
大相撲、元小結・故龍虎さんの
雑誌取材

鍼治療だからできる根本的な治療

スポーツをされる方や、慢性的な腰痛をお持ちの方へ。
ぎっくり腰やヘルニア、腰椎分離症・すべり症、変形性腰椎症、坐骨神経痛などの様々な痛みの症状に対して、長年にわたる治療経験と研究実績を基に、鍼と超音波の併用療法による鍼治療をさせて頂いております。
患者さん271名のうち230名が著効、15名が有効、8名が比較的有効、10名がやや有効、8名が無効となり、263名の方に効果がみとめられたため、有効率は97.0%でした。

風邪や胃潰瘍、下痢になりやすいなど体質で悩まれている方は多くいらっしゃいます。
実は完全に治さずに治癒と再発をくり返している場合が多くあります。そんなお悩みの方へ鍼治療がおすすめです。

現代はストレス社会と呼ばれ、多くの方がストレスによって自律神経に乱れを生じ、様々な症状で苦しんでいます。しかし、病院で検査を受けても特に原因となるような体の異常は見つからず積極的な治療も受けられないまま、周囲からは理解されず「なまけ病だ」などと見られて悩んでいます。
当院は30年間に亘り自律神経失調症に対する鍼治療を行い高い成果を上げています。是非、副作用のない鍼治療を試してみて下さい。

東洋医学研究所の特徴

当院は、名古屋大学名古屋市立大学などとの共同研究を長年に渡り行っており、その研究実績は全国各地の大学や研究機関から高い評価を得ています。このように学術的に実証までしている治療院はおそらく他にございません。

日本で唯一の鍼灸医学における法人格を持つ公益社団法人全日本鍼灸学会認定制度における認定証をスタッフが取得・継続しています。高い知識と技術力を認められた、学会の学問的認定を受けている鍼灸師は、全国でも1%程度とごくわずかで、当院は全国でも非常に珍しい治療院です。

当院の鍼治療は、リラックスしたり、眠ったりしたときに働く副交感神経を優位にすることができるほど、痛くない、優しい、癒しの鍼です。その為、頭痛・肩コリ・腰痛などの痛みの治療はもちろん、うつ病やストレス病など、心療内科系の疾患にも効果的です。また、赤ちゃんや子供、痛みがある治療は怖いという方にもご安心して受診して頂けます。

東洋医学研究所®は商標登録しております。
当院と当ホームページ上に記載しておりますグループ院以外で、当院の名前を使用している治療院がありますが、当院とは一切関係ありませんのでご注意ください。

適応症

運動器疾患
消化器疾患
呼吸器疾患
循環器疾患
泌尿器疾患
感覚器疾患
神経系疾患
心療内科疾患
代謝疾患
自己免疫疾患
婦人科疾患
小児科疾患
その他の疾患
  • 不定愁訴症候群
  • 慢性疲労症候群
  • 各種がん治療(放射線・抗がん剤)との併用
  • 近代医学と鍼灸医学の統合療法の応用
  • 外科手術後の社会復帰等